People

様々なバックグラウンドの
多様なメンバーが、活き活きと働いています




20代~70代まで、幅広い年代層

Finatextグループ全体の平均年齢は約40歳です。20-30代が約6割を占めますが、60代70代で活躍しているメンバーもいます。 グループ会社ごとにみると、Finatextとナウキャストは20代半ば〜30代前半のメンバーが多く、スマートプラスには40代以降のベテランのメンバーが多いのが特徴です。 幅広い年代が在籍していますが、グループ間を超えて開発している証券プラットフォーム「BaaS」や、証券サービス「STREAM」は、証券業界で長年経験のあるベテランメンバーが業界の慣習をしっかりと押さえながら、若い開発メンバーがスピーディーにサービスを形にしています。 それぞれ年齢をまったく意識することなく、互いに尊重し合い、よりよいサービス作りを行っています。

約10ヶ国の多国籍なメンバー

Finatextグループは「グローバル企業であること」を大事にしています。 海外4ヶ国に支社があるだけでなく、日本のオフィスにもインド、中国、台湾、ベトナム、スリランカ、シンガポール、イギリスなどからやってきた多国籍なメンバーがいます。 また、月に一度の全社会議「Townhall」は海外支社ともビデオチャットで繋いで、英語で行われます(特に大事な部分は、日本語でも補足)。 さらに、ナウキャストは顧客のほとんどがグローバルであるため、特に英語を使用する機会が多く、社内ミーティングも意識的に英語で行っています。

金融・投資に詳しいメンバーから、金融・投資初心者まで

「金融業界」と聞くと、特殊で封鎖的なイメージを持たれる方も多くいるかもしれませんが、Finatextグループメンバーのバックグラウンドは様々です。 実は、中途入社メンバーのなかで、前職が金融系/非金融系の割合は同じくらいなのです。 メンバーの中には、もともと金融に興味はなかったけれど、会社の目指すビジョンやビジネスモデルに共感し入社した者も多くいます。 そのようなメンバーも、それまで培ったスキルを十分に活かし、対象が金融サービスとなっても非常に高いパフォーマンスを発揮しています。



Finatextで、一緒に金融をサービスとして再発明しましょう

採用情報はこちら