金融をサービスとして再発明するFintechベンチャーFinatext、
GMOクリック証券と子ども・若者向け金融・投資教育アプリを
共同開発

 

Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林良太、以下「Finatext」)とGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鬼頭弘泰、以下「GMOクリック証券」)は、ゲーミフィケーションを活用した子ども・若者向け金融・投資教育アプリを共同開発することになりましたので、お知らせいたします。

 

子ども・若者向け金融・投資教育アプリの共同開発に至った背景

人生100年時代を見据えて、一人ひとりがライフプランに合わせた資産を形成していくことの重要性はますます高まっています。政府や金融庁は、家計の資産形成を後押しするべく、2001年に「貯蓄から投資へ」という方針を掲げ、その後も、刷新された「貯蓄から資産形成へ」のスローガンのもと、さまざまな転換施策を推し進めています。

そうした取り組みの中でも、金融リテラシー向上の重要性に鑑み、金融庁は、2012年11月に設置した「金融経済教育研究会」において、今後の金融経済教育のあり方について検討を行い、最低限習得すべき「金融リテラシー・マップ」を提示しました。これを受けて、学校や社会人・高齢者のそれぞれのニーズや理解度に合わせて、様々な金融経済教育が行われてきました。

しかしながら、金融・投資などについての学習機会はまだまだ少なく、金融や投資に興味をもつ機会をもたない、もしくは、興味はあるものの入り口で挫折してしまう人も多く、家計の金融資産の5割以上を「現金・預貯金」が占めているというのが現状です。

FinatextとGMOクリック証券は、「投資から資産形成へ」の流れを加速させるには、金融リテラシーの向上が重要であり、その中でも、子ども・若者が早いうちから、身近な存在として、金融・経済や投資についての理解を深めていくことが大事であるとの考えで一致し、このたび、共同で金融・投資教育アプリを開発することとなりました。

 

サービス概要

本共同プロジェクトでは、子どもや若者にとって親しみやすいスマートフォンやゲーミフィケーションを活用し、子どもも大人も楽しみながら金融・投資について学ぶことができるアプリを開発します。リリース時期は来年初夏を予定しています。

本アプリは、金融・経済に関するクイズや擬似投資ゲームなどを提供し、「金融商品の特徴」に対する理解を深めるとともに、「金融・経済に関する知識」を習得する「体験教材」となることを目指します。また、他業種や教育機関とのコラボレーションも視野に、多角的な視点で金融経済・投資を理解することができるようなサービスを構築します。

Finatextはすでに「あすかぶ!」「かるFX」などゲーミフィケーションを活用した金融初心者向けアプリを数多く開発・運営しており、合計のダウンロード数は200万を超えるなど、投資を始めるきっかけを提供する技術に非常に長けています。GMOクリック証券とともに金融・投資教育アプリを開発することで、子どもたちや若者が金融・経済や投資に興味を持ち、学びを深める機会を創出し、金融リテラシーの向上に貢献してまいります。

 

株式会社Finatextについて

Finatextは、2013年12月に東大出身者を中心に次世代ウェルス・マネジメント・サービスを提供することを目指し設立された会社です。リテール向けにモバイルサービスや投資関連のアルゴリズム等を提供する Finatextと、機関投資家向けにビッグデータ解析サービスを提供している Nowcast(2016年8月統合)、次世代証券プラットフォームの確立と、個人投資家のそれぞれのライフシーンで投資が可能なモバイル端末をメインとした証券会社スマートプラス(2017年3月設立)の3社を軸に、国内外(台湾、マレーシア、ベトナム、イギリス)で事業を展開しています。

 

GMOクリック証券株式会社について

GMOクリック証券は2005年10月に設立されたインターネット証券会社です。お客様に少しでも低コストで利便性の高い取引環境を提供するため、グループ内でシステム開発・保守・運用を行い、投資をもっと身近で便利にし、いつでも、どこでも、世界中のあらゆる投資商品を簡単に取引できる世界を創ることを目指しています。

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Finatext 高橋充
〒102-0083 東京都千代田区麹町3丁目6番地 住友不動産 麹町ビル3号館6階
Mail: info@finatext.com
HP: https://finatext.com/ja/