プレスリリース

Finatextホールディングス、三菱UFJ銀行の「ID連携APIサービス」と連携開始

「Money Canvas」にて「三菱UFJダイレクト」アカウントで他社の 金融サービスにログイン可能となり、シームレスな顧客体験を実現

2021.09.27

img news


株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 良太、以下「当グループ」)は、株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員:半沢淳一、以下「三菱UFJ銀行」)が提供する「ID連携APIサービス」との連携を開始いたします。

本連携により、当グループの「デジタル金融の統合基盤」を活用し開発される三菱UFJ銀行の資産形成サービス「Money Canvas」(以下「Money Canvas」)にて、インターネットバンキングサービス「三菱UFJダイレクト(以下「ダイレクト」)」のアカウント情報を用い、他の金融サービスと連携することで、会員登録や口座開設、ログインができるようになります。利用者が「Money Canvas」上で複数の金融サービスを利用する際の情報入力負担を大幅に軽減でき、金融サービスごとにID・パスワードを設定し管理する必要もないため、異なる金融機関のサービスが展開される「Money Canvas」上でもシームレスな顧客体験を実現できます。

また、当グループが提供する証券ビジネスプラットフォーム「BaaS」や保険クラウド「Inspire」を利用する事業者のサービスでも、ダイレクトID連携が可能になります。利用者が証券口座を開設したり保険を申し込む際のサービス利便性を向上させることで、口座開設率や申込み率、再訪率の改善が期待されます。

当グループはこれまでも、金融サービスの使いにくさの一因である、口座開設時の情報入力やID・パスワード管理の煩雑さの解決に取り組んできました。2019年に株式会社クレディセゾンと提携し開発したつみたて投資サービス「セゾンポケット」では、クレジットカードIDと連携し、IDに登録済みの本人確認情報を口座開設時の入力フォームに自動的に埋め込むことで利用者の情報入力負担を軽減したり、クレジットカードのID・パスワードで証券口座にログイン可能にしたりなど、利用者がシームレスにサービスを利用できるように利便性向上を図ってまいりました。

当グループは、この度の連携を通じてEmbedded Financeの実装をさらに加速させ、人々が日々使いこなしている様々なサービスと同じように、金融サービスが生活の中に自然と溶け込んでいる世の中を実現してまいります。


■Finatextが提供する「デジタル金融の統合基盤」について
当グループが提供する「デジタル金融の統合基盤」は、証券・保険・銀行などの様々な金融サービスを1つのプラットフォーム上で提供できるシステム基盤です。異なる金融機関や事業者の利用者IDを、金融機関の厳しいセキュリティ基準を満たした上で連携することが可能で、口座開設などの登録手続きやアカウント管理の簡略化できるため、利用者の利便性を大幅に向上できます。また、利用者のデータの柔軟な管理や利活用も可能です。

当基盤はクラウド上に構築されており、柔軟性と拡張性、セキュリティコントロールといったクラウドの強みが最大限に活かされています。柔軟なカスタマイズが可能なため、新たな金融サービスとの連携もフレキシブルに対応可能です。当グループが提供する証券ビジネスプラットフォーム「BaaS」や保険クラウド「Inspire」との連携も容易で、併せて活用すれば新たな証券商品や保険商品を速やかに提供できます。


icon social icon social icon social icon social

報道関係者向け
お問い合わせ窓口

プレスリリースに関するお問い合わせや取材のお申込みについては、
以下のフォームよりお問い合わせください。また、プレスキットも合わせてご活用ください。

お問い合わせ プレスキット

貴社の課題に応じて
柔軟に対応いたします

資料ダウンロード

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます

資料ダウンロード

お問い合わせ

お見積もり依頼やご相談は
お問い合わせフォームをご利用ください

お問い合わせ