プレスリリース

株式会社Finatext、au PAY「お金の管理」の 証券会社の株式などをまとめて表示できる機能を追加開発

2021.12.23

img news

株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:林 良太)の子会社で、フィンテックソリューションの提供を通じて企業のDXを支援する株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:木下あかね、以下「当社」)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 橋誠、以下「KDDI」)とともに開発し、2019年8月より提供をしてきた「お金の管理」に、今回、証券会社の株式などをまとめて表示できる機能を開発いたしました。

■新機能追加の背景
複数の金融機関を使い分けるお客さまは年々増えています。金融機関との取引が増え、より一層資産の管理は複雑化傾向にあります。
 
そんな中、KDDIは、au PAY「お金の管理」に証券会社の株式などをまとめて表示できる機能を追加します。

当社は従来より、KDDIのau PAY アプリ内で金融機関の履歴や残高を管理でき、情報を一覧で確認、簡単な収支管理ができるサービス「お金の管理」に技術提供をして参りましたが、今回の機能拡充でも引き続き、開発という形でご協力をさせていただきました。

「お金の管理」に「銀行口座」「クレジットカード」「電子マネー」「ポイント」「EC(通販サイト)」に加え、「証券口座」が加わることで、複数の金融チャネルを持つお客様が、より簡単にお金の管理を一括で行うことができ、自身のお金の流れの見える化が実現されます。

当社の「金融を“サービス”として再発明する」というミッションに基づき、au PAYをご利用のお客さまに対して、資産形成や金融がより身近なものと感じられるようなサービス提供をご支援した形となります。

■新機能について
証券口座との連携機能追加により、他サービスを含めた一括管理が可能に


■au PAY「お金の管理について」

au PAY「お金の管理」は無料で使える、お金の見える化サービスです。特長は以下の3点です。

 

(1)毎日のお金の出入りを見える化

auのサービスに加えて、au以外の「銀行口座」「クレジットカード」「電子マネー」「ポイント」「EC(通販サイト)」「証券口座」を含めたお金の流れを見える化し、au PAY「お金の管理」1つで簡単にお金を管理できます。

 

(2)銀行やカードの残高を一覧で見える化

リアルタイムの銀行口座の残高、クレジットカードの引落日・利用額、ポイントの有効期限、電子マネーの残高を、ATMでの記帳なしでまとめて確認可能です。

 

(3)今月何に対していくら使ったかを見える化

毎月の収入、支出、収支を自動計算し、過去半年分の支出の比較や、「今月使いすぎていないか?」「何のカードで一番買い物しているか」などを簡単に確認できます。

 
 

icon social icon social icon social icon social

報道関係者向け
お問い合わせ窓口

プレスリリースに関するお問い合わせや取材のお申込みについては、
以下のフォームよりお問い合わせください。また、プレスキットも合わせてご活用ください。

お問い合わせ プレスキット

貴社の課題に応じて
柔軟に対応いたします

資料ダウンロード

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます

資料ダウンロード

お問い合わせ

お見積もり依頼やご相談は
お問い合わせフォームをご利用ください

お問い合わせ