小さくとも
継続的な改善から
大きな成果を得る

見込顧客の獲得から顧客化へ至るプロセスにおいてモバイルとデジタルの役割が大きくなっています。特に金融サービスの契約申込は、商品の特徴を理解させる啓蒙コンテンツを提供し、その後、複雑な情報入力を伴う作業をオンライン上で実施させなければなりません。特に最近は画面が小さいモバイル上で行うため、他業界のサービス契約に比べて、ユーザーに高いストレスを強います。そのため、各金融機関は顧客獲得チャネルとしてモバイルやデジタルといった新しいトレンドに取り組むと同時に、ユーザーストレス低減へ向けた施策の優先度が高くなっています。

特徴と利益

グループ内証券会社で培った知見をフル活用しCVRを最大化します

Finatextは、一般的なエントリーフォーム最適化の方法論に加えて金融サービスの契約に固有の特徴を踏まえた改善プロセスを確立しています。グループ内証券会社である
スマートプラスの証券サービス「STREAM」では、継続的に口座開設プロセス改善を図り、開業当初のCVRから3倍以上も向上させています。これらで培った知見と経験をフル活用し、貴社の口座開設フォームを改善させていただきます。

初期調査にて仮説をデータで可視化

初期調査にて仮説をデータで可視化

現状の契約プロセスのどこに原因があるのか?どう変えればどの程度改善するのか?Finatextのアナリティクスチームは仮説をデータで可視化します。

アナリティクス環境導入もご支援

アナリティクス環境導入もご支援

データによる可視化には、取得するデータの目的を踏まえた適切な設計をもとにアナリティクス環境が導入されていることが要です。仮に、アナリティクス環境の設計が適切でない、または導入できていない場合でも再設計または環境導入からご支援が可能です。

金融コンプライアンスを意識した実効性のあるご提案

金融コンプライアンスを意識した
実効性のあるご提案

金融サービスの契約申込は、膨大な入力項目に加えて複数分岐、そして数ページに渡るだけでなく、KYC有無が関わります。これらの改善提案には、各業法に加えて、個人情報保護法や本人確認法をカバーすることはもちろん、貴社コプライアンスにおける規程等を要件に実効性のある提案を実施します。

最適なUI/UXを実現する最新のテクノロジー

最適なUI/UXを実現す
る最新のテクノロジー

ユーザーストレスの低減には、適切なテクノロジーの選択が成否を分けます。デジタル上の契約プロセス改善は、表層の表現やレイアウト変更だけで解決できるものではありません。適切なUI/UXとは、フロントの実装から基幹システムへの連携、場合により中間的に情報を保持するサーバー側のシステムまで、多くのテクノロジーの上に成立しています。Finatextはフロントからサーバーまで適切なテクノロジーを選択し、実装までを担当します。

継続的な改善を繰り返しゴールを達成

継続的な改善を
繰り返しゴールを達成

改善施策を講じて終わりではありません。そもそも当初の計画ではセオリーを踏襲することで効率的にゴールにアプローチしますが、狙い通りの結果をもたらすケースは稀です。しかし、Finatextは、継続的なトラッキングと分析、改善施策を繰り返す体制を整備しています。確立されたワークフローをサービスとして提供するため、初期の施策実行後、短期的にゴールを達成します。

過去の実績

データアナリティクスベースの
プロセス改善で多くの実績

product-img
product-img

ずーっと手数料無料の
コミュニティ型株取引アプリ

「STREAM(ストリーム)」は、日本初!ずーっと株取引手数料無料のコミュニティ型株取引アプリです。STREAM(ストリーム)のコミュニティで、ベテランも初心者も株友に。何もかも新しい株取引はじめよう。

product-img product-img
STREAMのサービスサイトへサービスサイトへ

テーマ別
ソリューション

顧客獲得・送客

ハードルの高い様々な金融商品の理解を促進し、顧客獲得・送客をサポート

流入・CVR最適化

データアナリティクスを活用して改善を繰り返し、CVRの最大化をサポート

金融サービス開発

金融事業計画、サービス設計、UI/UXから開発・運用、エンハンスまで幅広くサポート

サービスエンハンス

サービスを利用するユーザー行動を数値で可視化し、KPI向上に働きかける改善策を推進

データ解析

DXを事業全体へと波及させるために、金融サービスから得られるデータの利活用を実現

貴社の課題に応じて
柔軟に対応いたします

資料ダウンロード

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます

資料ダウンロード

お問い合わせ

お見積もり依頼やご相談は
お問い合わせフォームをご利用ください

お問い合わせ